アーティストの天空

【365people】カラムとは
海外で生活頑張ってる外国人達、この外国人達の周りの人、国境を越えた友達、暖かい心を持っている人をご紹介したいと思ってこのカラムを作りました。

今回は中国出身の文武両道に通じる娄佳を紹介したいと思います。
■名前: 娄佳 (ロウカ)、英語名前:Casper、中国杭州出身
中国杭州電子科技大学(工業設計)を卒業後、上海広告制作会社でグラフィックデザイナーのお仕事を経験。
その後、日本語の勉強をするべく日本へ。日本の文化が好きになって、日本でデザイナーとして働くことを決意。
そして、彼女は経営管理ビザを取って、大阪での5年間、グラフィックデザイナーの仕事をしながら着物レンタルショップを経営してて、さらに、居合道も2段の腕前の持ち主!!!!
今日、彼女をインタビューしてきました!

>なぜ日本に住むようになったのですか?
>>Gap yearとして、日本で生活体験しようと思った。剣道も勉強ができるし、綺麗な空が見たかった。
そして上海でデザイナーの仕事だをやめて、おばさん留学生になった(笑う)。
でも意外で、2、3年に立って、勉強はなかなか足りないと気がする。そして日本語学校から卒業して、仕事も続けて行きました。

>初めて日本に来たとき、一番驚いたことは何ですか? なぜ?
大阪で留学前にも何回日本へ一人で旅行しました。やっぱり日本のデザインや、職人さんの精神、武道の礼儀 に驚いて、感動しました。

今回は日本に来て5年の娄佳さんにインタビューしました。
娄佳 の着物レンタルショップやデザイン作品について興味がある方は是非ご覧ください!
デザイン作品:casperlou.zcool.com.cn

+1
SNSでシェア❣